.
このプログ記事を検索
スポンサード リンク


< class="site_title">リンパマッサージで10歳若返る

<< 数百円のウォータースプレーで肌が変わります | main | バストアップの秘密!大胸筋の鍛えすぎは「貧乳」のもと! >>

スポンサード リンク



「美肌になりたい」顔色に影響を与える食物とは?
顔色は生まれつきのものだと諦める必要はない。



顔色は生まれつきのものだと諦める必要はない。多くの後天的な要素、特に飲食が顔色に影響を与える。不健康な飲食習慣は健康に影響を与えるだけでなく、女性の肌にとっては大敵だ。

黒ずみ

メモ食塩を過剰に摂取すると肌のきめが粗くなって黒ずむ。日焼けするとさらに目立つようになる。

そばかす、しみ

食塩の過剰摂取は皮膚を黒くするだけでなく、顔にそばかすが出る可能性がある。同時に動物性脂肪や過度のたんぱく質を摂取すると、肝臓の正常な代謝に影響を与えてそばかすがさらに目立つようになる。

油肌

動物性の食用油や植物油を過剰に摂取すると油肌、黒ずんだ肌になる。

肌の赤み

普通の顔が赤ら顔になる大きな原因の一つは、動物性脂肪やたんぱく質の過剰摂取による。

【参照記事】顔色に影響を与える食物
【画像元】knuttz.net





お肌、元気ですか?張りと潤いは足りていますか?肌の健康はなにも女性だけのことではありません。男性も年々深刻な問題になりつつあるんですよ。テカテカぶつぶつガサガサのお肌じゃ、彼女にも嫌われてしまうかも…。

もちろん、女性にとってもお肌はとても大切なもの。化粧ノリが悪いと1日ブルーになりますよね…。それだけでなく、お肌は体の不調が表れるシグナルだとも言われています。肌の健康を守りながら、カラダ全体の健康を守る。そういったバロメーターとしても肌は大切な役割を果たしています。

さぁ、ではそんなお肌の健康を知るひとつの指標、肌年齢をチェックしてみましょう!あなたのお肌は実年齢よりも若いか?老けているのか?さぁ、どっちだ。

お肌の年齢チェツク



夏は紫外線のピーク。紫外線と言えばシミの天敵です。若い内は秋になると焼けた素肌も白く戻り、キレイなお肌を保つことができますが、それは表面的なものだけ。

若い頃から長期間にわたって紫外線を浴び続けると、年齢とともにそのツケが回ってきてしまいます。

お肌のシミを防ぐには、もちろん紫外線を浴びないようにしっかり対策をすること。そしてできてしまったシミにもしっかりとケアして、シミになりにくい習慣をつけることが大切です。まずはあなたの今の生活が、どれくらシミの原因を含んでいるのか、シミ危険度をチェックしてみましょう。

お肌のシミ危険度チェツク
【PR】 エステ専売 サロン専売


関連記事


メモ美肌の大敵 シミ、シワ!ストレスが多いあなたは増えるかも?
メモ美顔の大敵!「シワ」お湯で顔を洗うとシワになるの?
メモ美肌の大敵!紫外線!日焼け止めを塗るだけじゃ不十分?
メモリンパマッサージでつるつる美肌美人



便箋クチコミ・エステ Ranking
便箋エステの秘密!美容ランキング

スポンサード リンク

| 美肌 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。